9/25 六兎さんからのご相談
相談内容  ラノベ崇拝者ですが・・・

相談室へ!

どもども。六兎です。

ラノベ崇拝・・・むしろ中毒者です。

無論お二方の作品読ませていただきましたよ!

 

さて質問なのですが・・・中毒者である六兎くんですが、こう・・・自分も書いてみたいなと常々思っているわけであります。が、しかし応募要項にあるような???〜???枚とか???? 文字以内とかありますが一体それはどの程度!? 1話分!? 1巻分!? それともサンプル的に適当に!?

 

・・・いやはや白熱してしまいました。面目ないです。

どうか回答の方をお願いしたく・・・。

【回答】

 こんにちはです、三浦です!

 

 今回のご相談は小説投稿の分量に関してですね。

 早速答えていきたいと思います。

 

 ライトノベル系の小説大賞は「長編小説」が基本なので、応募要項に記載されている文字数やページ数はほとんどの場合「文庫1冊分」に相当します。

 僕が本を出させていただいているMF文庫Jだとどの本も縦40文字、横17行でおおよそ230ページ程度(イラストや広告関係を除いて)。試しにお手元のMF文庫Jを開いて1ページあたりの行数や文字数を数えてみてください。大体合っていると思います。

「MF文庫Jライトノベル新人賞の応募要項」では「1ページ40文字×34行の書式で100〜120枚」となっていますから、文庫本で換算すると200〜240ページの原稿を仕上げることになりますね。

 他の出版社もこれと大きな違いはないと思います。基本的にどの出版社も「長編小説1冊分」の分量の投稿作を想定しているはずです。

 

 お役に立てたでしょうか?

 ここまで書きましたが、まずは六兎の書きたいように書いてみてはどうでしょうか?

 書き始めなんて特に、ページ数だとかつまらないことは脇に置いて、気の向くままに自由に書いてみてください。きっと楽しいですよ。

 あ、でも投稿する場合はページ数を守ってくださいね(笑)。

 

 ではでは今回はこんなところで。

 三浦でした!